定年後その日暮らし

継続再雇用の話もなく60歳で定年退職、64歳からの特別支給の老齢厚生年金をもらうまでは定期収入無しのキラキラです。地方移住も考えましたが、現在は大阪市内で賃貸住まい。退職後は、夏は北海道、冬は南国タイで過ごす計画でしたが新型コロナで北海道だけに…リタイア後の1人暮らしの日常を週一のペースを目標に記していきます。            

大阪城公園秋の陣(前編)

京橋口から天守閣を望む

大阪城公園も紅葉が見頃を迎えています。といっても銀杏が目立つので黄葉でしょうか。キラキラは自宅から自転車で30分ちょいで京橋口から外堀を渡り大阪城に入ってます。

秋は夏鳥が帰り、冬鳥がやって来る季節なので大阪城公園ではサイクリングを楽しむよりは野鳥撮影、特に動画を撮るのを楽しんでいます。京橋口から入ってすぐ左にあるのが飛騨の森です。

飛騨の森入口

この広場にはバードバスがあり、渡りの野鳥が入れ替わりで立ち寄るようでいろいろな野鳥を撮ることができました。

オオルリ若鳥(夏鳥)

ノゴマ(冬鳥)、赤いネクタイが綺麗です。同時にオレンジ色のネクタイの個体も出てきてくれました。

ヤブサメ、チョロチョロとすばやい

シロハラ(冬鳥)、とぼけた感じです。

クロツグミ♀(右、夏鳥)とアカハラ(左)、にらみ合い?

アオジ、♀でしょうか、胸が黄緑色しておません。

奥のバードバス(岩の窪みの水たまり)には夏鳥キビタキと冬鳥のアトリが同時に現れました。

キビタキ

アトリ

このキビタキが旅立ってここでは夏鳥を見かけなくなりました。飛騨の森を後にして次は極楽橋を通って内堀を渡り本丸・天守閣へ向かいます。

極楽橋

天守閣前の日本庭園には時々カワセミが来ます。ツツジの上だったので見つけにくかったです。

日本庭園の奥には毎年ノゴマが来るそうです。茂みからなかなか出てこないのでその間は藪蚊との戦い、忍耐力が必要です。

ノゴマ

キビタキ

この切り株の上にノゴマが乗るのを待ってるのですが、強気のキビタキに占領されてしまい、ビビって出てきてくれません。

天守閣横に貯水池があり、その東裏に冬鳥のジョウビタキ♂がいました。

今回は京橋口から極楽橋を渡り本丸・天守閣まで、次回は本丸を出て紅葉広場まで降りていきます。