定年後その日暮らし

60歳で定年退職、2023年10月より特別支給の老齢厚生年金受給中のキラキラです。地方移住も考えましたが、現在は大阪市内で賃貸住まい。退職後は、夏は北海道、冬は南国タイで過ごす計画でしたが新型コロナで北海道だけに…リタイア後の1人暮らしの日常を週一のペースを目標に記していきます。            

今年も住民税非課税・国保軽減

6月17日月曜日、近くの天然温泉で入浴、マッサージ、昼食の後、淀川河口の堤防道路をサイクリングして戻ると郵便受けに国民健康保険料決定通知書が入ってました。住民税の納税通知書兼税額決定通知書は今年も送られて来ませんでした。

昨年の収入は特定給付の老齢厚生年金(52万円)が増えただけで課税所得はゼロ、住民税は均等割も非課税、国民健康保険料は平等割・均等割の7割軽減となりました。有難いと同時にちょっと申し訳ない気持ちですが、住民税は株式譲渡益と利子配当にかかるものを今年10万円以上支払う予定です。

今年度の年間保険料は29,083円でした。昨年度の年間保険料は30,542円でしたので意外にも1,459円安くなっています。健康保険料が下がるなんてあり得ないので内訳を確認してみました。

保険料の内訳を見ますと医療分2,617円増、支援金分332円増と増えてますが、介護分だけが4,408円減(75%↓)になってます。この介護分の減はキラキラが7月に65歳になるので4~6月の3ヶ月分だけが今年の介護分の健康保険料だと75%減が理解できました。残り9ヶ月分はニュースにもなった全国一高い大阪市介護保険料を支払うことになりますが、今年は住民税非課税なので金額は恐らく3万円前後でしょうか、ほぼその分保険料が増えることになります。

キラキラの住民税非課税と健康保険料の7割軽減は今年が最後で来年から通常の負担になり、更に介護保険料がどんと増えます。

介護分を除くと国民健康保険料の上昇率は11%↑。昨年も確か10%↑、今後も毎年10%程度上がりそうな勢いで、医療費の増大が背景にある為に止むを得ないですね。個人的にはなるべく新たな病気に罹らないよう食事・運動等健康管理に努めたいと思っています。

淀川左岸河口の堤防道路

再舗装され凸凹が無くなったので気持ち良くサイクリングができるようになりましたが、間もなく梅雨入りです。

鯖街道くつき温泉

中世以降、若狭の小浜から京都へ海産物、特に鯖を多く運んだことで知られる鯖街道、そのメインルートの中間点に位置する朽木(くつき)に温泉があるというので2泊してきました。公共交通機関でのアクセスが悪く送迎も無いため、最寄のバス停から徒歩で40分近くかかりました。これでは車持ってる人でないと来れないですね。グリーンパークとして温泉とプール、山と渓谷トレイル、バンガローにBBQとそれなりの場所なのですが、外国人の姿も全くなく、インバウンドの恩恵も受けてないようです。

安曇川

朽木支所前バス停からすぐの安曇川ではアユ釣りの人が多かったです。暑い中ご苦労様です。橋を渡りしばらくすると登り坂、2.3km なのに40分かかりました。

くつき温泉てんくう

天狗が目立ってますが、キラキラが宿泊する山荘はこの温泉施設の下で渡り廊下で繋がっています。温泉は源泉温度26度のアルカリ性単純泉で加温していて、露天風呂1、内風呂1、低温風呂1、サウナ1、水風呂1の小ぢんまりしたものです。初日は午後4時、2日目は午前11時に入ったのですが浴場内に15~20人居た感じです。暑かったので風が通る露天風呂のあと低温風呂に浸かり、休憩所で500円のマッサージチェアを試しました。

ポスター通り足裏をしっかり揉んでくれましたが、お尻の方は全く記憶に残らない程度のものでした。

5月13日の夕食はレストランで牛乳鍋

岩魚の塩焼

鮎の天麩羅

を美味しくいただきました。

翌朝周辺を散策、2万歩。

早い時間は遠くにアカショウビンの消え入るような鳴き声が聞こえました。16日の日曜日にはここで野鳥観察会が予定され満員の盛況だそうです。

2日目(5月14日)入浴後のランチ

ご当地鯖街道ならではの鯖寿司と風呂上がりのビールが最高です。午後はエアコン聞いた部屋でお昼寝、読書で過ごしました。

夕食は琵琶湖の鴨出汁蕎麦

岩魚の唐揚げ

これはレモン汁だけで食べた方が美味しかったです。

近江牛も食べたかったのですが、本場は湖東の近江八幡とのことでまた次の機会として、15日午前まっすぐ大阪に戻りました。土日は、朽木始発(9時30分)で鯖街道を大原経由で京都出町柳まで行くバスがあり迷ったのですが、以前自転車で走った道だし、わざわざ暑い京都に土曜日に寄ることもないと理由を探して、来た道を戻りました。身体が疲れていて気力を欠いてました。もうすぐ65歳、年齢を感じます。

昨春は鯖街道76km(京は遠くても18里、うん?実は19里だったのか)を6日間で完全走破するツアーがあったそうです。参加した人、凄いです。

通知で年金確認

6月8日、日本年金機構からメールが届きました。
「お客様の下記に示す通知書を、「ねんきんネット」から確認するご用意ができましたので、お知らせいたします。電子版の通知書によって、24時間いつでも確認できます。
年金振込通知書
年金額改定通知書」

とあります。早速スマホでマイナポータルからダウンロードしました。

年金通知書

現在特定給付の老齢厚生年金を受給中。通知書の金額は2ヶ月分なので月額にすると134,467-130,979.5=3,487.5円の増額になります。

キラキラは7月で65歳、10月から国民年金(基礎年金)を受給できます。基礎年金は満額で66,250円から68,000円と1,750円増ですが、私の場合は働いていた37年3ヶ月(447月)分の納付なので68,000× 447/480=63,325円、増額は1,629円となり、合計で月5,116.5円の増。多くはないけれども、期待していなかったのでちょっぴり嬉しいです。

さて10月以降受け取る年金は、60歳からもらっている企業年金を加えると、月額63,325+134,467+11,758=209,550円。    これは総額なので早速日本一高い大阪市介護保険料(月1万)の支払、来年以降は今年の年金所得により健康保険料や所得税・住民税もそこそこ上がるはずで月約3万を覚悟しており、手取り月18万が定期収入でしょうか、通常の衣食住のみならギリギリ賄えそうな額です。医療費や家電買替等の特別支出は必須ですが預金取崩になります。

交際・旅行・遊興・その他趣味関連は、自分の身体、健康からせいぜい残り10~15年とすると資産取崩してでも積極的に余生を楽しまなきゃと再認識したところです。

暑いときに辛いものを食べるとシャキッとしました。

 

 

念願の火の鳥アカショウビン撮影

6月5日水曜日の大阪は快晴、風もなく最高気温28度と暑い日になりました。キラキラは朝6時前に目覚めてしまい、天気予報を見てこの暑さにどうしようかと迷いましたが、朝の内ならと大阪城へカメラを持ってサイクリングに出かけました。お城では飛騨の森に自転車を停めてウォーキング、なるべく木陰を探しながらぐるっと回りました。朝9時までは観光客が殆んど来ていないので静かです。途中野鳥いるかなと木陰を歩いていくと常連のバーダーさん数名に出会い、アカショウビンがいたと教えてもらい探鳥に参加しました。

アカショウビン、沖縄やんばる旅行で飛んで来たのを車の中で1回見ただけ、キョロロンという鳴き声は何度も聞いたので、キラキラの撮りたい野鳥のNo1なのです。ネットでネイチャーリングニュースを見て今月鳥取県の八東ふるさとの森へ3泊か、それとも梅雨明けに宮古島へ旅行に出かけようかと検討していたくらいでした。

さて大阪城公園にちょっと寄り道してくれたアカショウビンさん、しばらくすると木の葉の陰から地面に降りてミミズを咥えて枝にとまったのを目で見ることができました。このときは小枝被り。その後、正午近くまでに3回ド素人のキラキラでもアカショウビンを撮るチャンスがありました。

動画から切り出し↓

少し葉が邪魔ですが↓

最後は木の幹にちょん

背中側腰部分の水色をチラリ確認

↓この時は木洩れ日がまだらに鳥に当たって綺麗に撮れませんでした、残念。

6月1日、3日と大阪城公園では夏鳥を見かけなかったのですが、5日にアカショウビンに偶然出会えて幸運でした。わざわざ鳥取の山奥まで見れるかどうか分からないのに苦労して行かなくて済みました。ただし大阪城公園夏鳥は9月下旬までオフシーズン、日常的な趣味の温泉と野鳥には厳しい季節に入ります。退職後は毎夏札幌に長期避暑に行ってますが、ちょっと飽きてきたのと良い宿泊先を見つけるのが難しくなり悩ましいです。

 

手軽になった歯の被せ(冠)

先日、下の歯を舌で触るとどうも穴が空いてあるような触感がしました。あちゃーこれはひょっとして虫歯かと思い暗い気持ちになり、行きつけの近所の歯科に電話して、かかりつけ歯科医の診断を5日後に予約しました。症状を話すとレントゲン撮るので5分前に来てくれとのこと。

5月28日火曜日の朝、雨降りの中を5分歩いて歯科へ行き、レントゲンを撮って診察室へ。左下の5番目の細めの歯でした。歯科医「被せが外れてますね。土台はしっかりしています。保険治療で銀か白がありますがどちらにされますか」

私「白でお願いします」

歯科医「CAD/CAM 使って造るんですが、この方が速くぴったりに仕上がります」ということで、1日目は被せ用に歯を少し削って整えて終わりです。

私「外れた被せは飲んでしまったかも」

歯科医「咳出てませんよね。気管の方に入ってなければまず大丈夫ですよ」

腹痛も何も無かったので飲み込んだとしても便とともに排出されたようです。ホッ。

翌29日は、ハンディ3Dカメラで口中の被せる歯の周りをスキャン、記録されました。あんな雑にみえる操作でちゃんと作れるのか多少心配ですが、3D プリンターならぬ、3D切削機で白い歯の色のプラスチックのブロックをCAD/CAMの設計データ通りに削ってその日のうちに被せる冠を作成するとのことでした。以前は約1週間待たされるのが普通で、その為消毒して仮の詰め物をしていた記憶がありますので、嬉しい驚きでした。

30日午前に作成されたプラスチックの冠を被せて噛み合わせ、隣の歯と間隔をチェック後、微調整をして取り付けして終了しました。特に違和感なし。3日、時間で言えば初診から48時間で完了、気分は上々です。

3割負担で3日間にかかった治療費は、2,850円+2,640円+4,940円=10,430円でした。

CAD/CAM冠、銀歯よりは価格高めですが、治療から解放される時間の速さに価値を感じました。ただ耐久性は劣ります。6~7年前の東京勤務時代にセラミックで作った時は自由診療で9万円、どの歯だったか忘れてしまいましたが。固いステーキを食べるわけでもないのでCAD/CAM冠で良しとします。

初夏の初撮り

キラキラがサイクリングの途中で見かけた野鳥を写真や動画に撮り始めて3年になります。いまやサイクリングとともに貴重な日常的に楽しめるアウトドアの趣味になりました。昨年、大阪城公園でいつどんな野鳥が見られるのか知りたくてweb検索すると野鳥投稿サイトzoopickerにたどり着き、私も記録用に撮った写真を投稿するようになりました。このサイト便利なもので野鳥を何種類投稿したか集計してくれて、5月29日現在でライフリスト134種とあり、そんなに撮ったのかなと自分でも少々驚いているところです。日本で見られた野鳥の種類は約600種、野鳥愛好家の間では200種見て1人前だそうですので、この先まだまだ初物に会う楽しみ、可能性が残っているようですね。5月末は大阪城公園に寄り道する夏鳥の渡りもほぼ終わったようなのが辛いところです。

今年の初夏に初めて撮った森の野鳥は、

フクロウ(4月25日箕面滝道)

箕面の山から滝道を下る途中に谷側の枯れ木の上にサルがいるのかと思ってカメラでズームするとフクロウの雛でした。可愛いですね。この枯れ木の割れ目を巣にしていてもう1羽は割れ目から顔半分が見れる程度でしたが、翌4月26日には2羽とも巣だって見あたりませんでした。昨年もこの木でフクロウが営巣していたそうで、また来年会えるのを楽しみにしています。

ヨタカ(5月8日大阪城公園)

夜の鷹、ヨタカさんは日中は殆んど動かなくて、そしてこの模様ですから、完全に木の幹と同化していて、見つけてくれた方の視力には脱帽です。自分では絶対見つけられません。同じように幹にくっついていたマレーシアのヒヨケザルを思い出しました。

ヒヨケザル(2023年5月ランカウイ島)

サンコウチョウ(5月10日大阪城公園)

過去2、3度飛び去るのをチラ見したことはあるのですが、今年初めてなんとか写真、動画に撮ることができました。ホイホイホイの鳴き声が聞こえるとサンコウチョウがいるのが分かります。次は尾の長い個体を撮りたいです。

サメビタキ(5月14日大阪城公園)

過去コサメビタキ、エゾビタキは撮っていたのですが、同じように忙しく飛び回るサメビタキは初めてでした。

追加:アカショウビン(6月5日大阪城公園)

6月5日のブログで紹介しています。

 

ノグチゲラ(5月16日国頭村比地大滝)

沖縄北部やんばるの国頭村に旅行に行き、オクマプライベートビーチ&リゾートに宿泊、早朝のアクティビティツアーでヤンバルクイナを殆んど見れなかった後に連れて行ってもらった比地大滝で子育て中のノグチゲラを撮影することができました。後日一人で自転車で比地大滝を訪れ、全く別の場所でノグチゲラの子育てシーンを目にしました。

ヤンバルクイナ(5月18日国頭村安田)

ホテルのヤンバルクイナツアーではカメラを構えるどころではなく、随分前方で道路を横切ったのを目にしただけでした。宿泊した安田のホテルでは、裏山から早朝の30分ほどミミズやカタツムリなどの餌を求めて裏庭近くまできて、時おり姿を見せてくれました。生ヤンバルクイナを見れて写真・動画に撮れて念願がかないました。

シロガシラ(5月19日国頭村奥間川)

比地大滝へ向かう途中に見かけました。リゾート地なのですが、なんとなく物憂げな表情に見えます。

キノボリトカゲ(5月19日比地大滝)

大滝近くの道端で見かけた、まだ木に登ってませんが、キノボリトカゲさん。上手く隠れたつもりでじっとしています。ちょっと見つけにくいですね。

5月16日に国頭村安田(あだ)で車からアカショウビンが飛んで来るのを目にしましたがカメラを構える間もありませんでした。今一番撮ってみたい野鳥です。

沖縄に行く前にツアーを検索したところネイチャーリングツアーとでもいうのでしょうか、ポイントを知っている地元ガイドと車で回る効率の良い、花、鳥や動物の観察ツアーがかなりの頻度で催行されているのを知りました。殆ど予約で埋まっていました。さすがにキラキラのようなド素人ではおそれ多く敷居が高過ぎて参加は遠慮しますが、ツアー実施報告を見ると何時何処にどんな野鳥が来ているのか勉強になりました。

新緑の緑の中を散策するのは気持ちいいもので良い気分転換になりました。この先の夏の過ごし方が悩ましいところで、運転免許証更新、65歳時の年金手続き等を終えてから恒例の北海道避暑滞在に行こうか思案中ですが、それまで梅雨の間をどうしようかと。

 

コーヒー豆お試し中

キラキラは毎日2、3杯コーヒーを飲んでいますが、この3月からは焙煎された豆を電動ミルで粉にしてコーヒーメーカーで作っています。タイでもらった焙煎したてをパックしたコーヒー豆は香りが良いと感じましたので、いろいろな豆を試してみることにしました。淀川サイクリングの途中、長柄大橋近くで見かけたダイヤモンドコーヒーは1923年創業、ちょうど感謝祭で個別焙煎した豆をブレンドしたものを200g770円とお安く買い求めたのがきっかけでコーヒー豆を販売する専門店を検索してみました。

先日、自宅から2km、大阪城へ向かうサイクリングコースの途中にバーンホフ・ファクトリー福島本店というのあるのを見つけてサイクリングの帰りに寄ってきました。久しく飲んだことのないハワイコナやブルーマウンテンの豆は100g3000円超するんですね、ビックリです。コーヒーマイスターの女性スタッフが応対してくれて、いくつかコーヒー豆の香りを嗅がせてもらいましたが、豆と焙煎の深浅で香りが違うのはハッキリ分かりました。これがコーヒーになってしまうと違いが分かりにくいんです。違いの分からない男のキラキラには超高級品は勿体ない気がして選んだのは100g750円のコスタリカの豆の深煎りで200g 買いました。

うん、パッケージには2週間を目安に早目に飲めってありますね。焙煎後1月は十分いけると思っていましたが、まあ1日2杯でも期限内に消化できます。

こことは別に少量でも注文を受けてから焙煎するという土居珈琲(大阪府堺市)の「小さな焙煎」お試しセット送料込み2,675円をネットで取り寄せしました。

届いたのはエルサルバドルとグァテマラの豆が各100g でした。結構な値段ですね、マグカップ1杯分の豆代が約200円。開封した時のコーヒー豆の香りはなかなかでした。さてさてラベルの説明書のような味わいが知覚できるでしょうか、残念ながらキラキラにはどうも無理なようでした。コンビニコーヒーとどっこいどっこい(機械で負けてるから?)。正に猫に小判のパターンです。

手持ちの豆を使いきったら、自転車で立ち寄れる専門店のリーズナブルな価格のブレンドをメインにして時々初物をお試してみます。これは美味いという豆に当たるのを期待して。

因みに今までで一番美味しかったと感じたコーヒーは、随分前ですが、なんと某葬儀屋チェーン✕✕会館の給茶機のエスプレッソ、専門店のコーヒーもそれを超せない?不思議です。