定年後その日暮らし

継続再雇用の話もなく60歳で定年退職、64歳からの特別支給の老齢厚生年金をもらうまでは定期収入無しのキラキラです。地方移住も考えましたが、現在は大阪市内で賃貸住まい。退職後は、夏は北海道、冬は南国タイで過ごす計画でしたが新型コロナで北海道だけに…リタイア後の1人暮らしの日常を週一のペースを目標に記していきます。            

やりきれない川(夕張)

面白い名前の川に出合いパチリ。悲しくてやりきれない?

安倍さんの国葬の日から北海道に来ています。GoToの改定版の全国旅行支援と入国規制緩和(上限撤廃、個人旅行OK、ビザ緩和)が10月11日から同時にスタート、今年の秋の観光地はかなりの人出が予想されますね。キラキラも混雑は苦手なのでそれまでに行こうと思い立ち、JALのパッケージで大阪札幌往復・札幌ススキノのメルキュールホテル(最上階ルーム)8泊を7.3万円で予約しました。この時期は札幌割の適用期間なんですが、JALのパッケージでは適用なしの方が安かったです。10月11日からの全国旅行支援は特に秋の行楽シーズン中は人気の観光地は強気の価格設定をするでしょうから、それほどお得でないのにより混雑するような気がしています。穴場を見つけられると嬉しいのですが。

さて北海道2日目の朝は気温14度と寒くバスタブに湯をはって身体を温めてからやっと動ける感じになりました。天気も好いので部屋のフリーマガジンに札幌郊外のコキアの丘が見頃とあるので地下鉄とバスを乗り継いで行きました。バス停を降りたところが冒頭のヤリキレナイ川、思わず笑っちゃました。歩くこと20分で丘の端につくと有料地域につき立ち入り禁止の看板が、グーグルマップを見ると入口は反対側で大回りするためまだかなり距離があります。後で払おうと無視して裏口から入り、ガーデン内を散策、横目にコキアを見ながら入口の方へ向かい、女性スタッフに事情を説明、感心されながら入場料を支払いました。スッキリしたところで昼食をとってから、じっくりガーデン内を散策してコキアの写真を撮りました。日中は25度ですが丘を上り下りして結構暑かったです。久しぶりに1万5千歩歩きました。

今週は好天続き予報なので大雪山の紅葉と温泉を楽しみに出かける予定です。ナキウサギを見れるといいな。