定年後その日暮らし

継続再雇用の話もなく60歳で定年退職、64歳からの特別支給の老齢厚生年金をもらうまでは定期収入無しのキラキラです。地方移住も考えましたが、現在は大阪市内で賃貸住まい。退職後は、夏は北海道、冬は南国タイで過ごす計画でしたが新型コロナで北海道だけに…リタイア後の1人暮らしの日常を週一のペースを目標に記していきます。            

駆け足の美瑛、富良野

避暑目的で札幌滞在中のキラキラです。前半に3泊4日で念願の礼文島利尻島観光をしましたので後半は軽めに大雪山山麓の美瑛を選びました。
天気が良く気分が乗れば十勝岳を登ろうかと100均のセリアで熊鈴を買って出かけました。札幌6時30分発旭川行きの特急なんですが、地下鉄の最寄り駅の始発が6時11分、札幌って夜明け早いのだからもっと早く動いてると思っていました。地下鉄は乗継があるのでタクシーで札幌駅まで行って余裕で特急に乗り旭川で下車、バスで白金温泉で降りました。9時50分、ここでタクシーがあれば十勝岳登ったかもしれません。
望岳台探勝路

望岳台まで1時間歩いて登ると汗かいてました。これから先3時間強を登り、また4時間下る気力体力もなく、背中が痛くなるだろう、十勝岳にガスがかかっているのを言い訳に早めに白金温泉を楽しむことにしました。翌日の予定も富良野のファーム富田に変更です。
白金温泉



写真は撮れませんが露天風呂が森に隣接して雰囲気が良かったです。15時、翌朝9時に入ったので1人占めできました。久しぶりに体重を図ると朝食後で62.1kg、増減無しのレベルで安心しました。最近は大丈夫なんですが、白金温泉は痔に効くと評判の湯で、昨秋には別のホテルですが2泊しました。
翌日バスで美瑛駅下車、列車の時間待ちに電動自転車を借りて話題になった時から年月を経たケンとメリーの木、マイルドセブンの丘を巡りました。マイルドセブン、思ったより遠かったです。時間が迫って帰りの坂はスピード出しました。
ケンとメリーの木(日産スカイラインCM)

マイルドセブンの丘(JT)

富良野駅で下車し、タクシーが待機してないので徒歩で何年ぶりかのファーム富田へ向かいます。木陰で昼休み中のM電子の女子社員の方から笑顔で優しい声をかけてもらいました。それも納得、結局30分近く歩いたような、遠かったです。ラベンダーは見頃(7月20日頃)を過ぎてますが、平日なのにかなりの人出でした。天気良く暑かったのでラベンダーソフトクリームと富良野メロンをいただきました。
ファーム富田 (手前がラベンダー)




帰りはノロッコ号に乗りました。前回は中国人観光客で満席だったのを思うと今回はゆったりと車窓を楽しむ余裕がありました。

車窓から赤い屋根の家(美瑛観光ポスターの家)


旭川で特急待ち時間に旭川ラーメンの人気店、天金で正油のハーフをいただきました。

1泊2日の駆け足の美瑛・富良野の旅は終了。残りの滞在期間は札幌でのんびりします。